視力が落ちるという症状を食い止める

視力が落ちるという症状を食い止めるために必要なこと

視力が落ちるという症状をなんとか食い止めたい
と考えている人はこの世に少なくないでしょう。

 

実際に視力が落ち始めると、多くの人が、めがね
やコンタクトレンズを使って何とかしようとします

 

ただこれらの視力矯正器具というのは大きな落とし穴
があります。それは一度使いだすと、どんどん視力
が落ちるという症状で悩まされるということです。

 

私もかつて視力が落ち始めたことがきっかけで眼鏡
を使い始めたころがあります。ところがレンズが分厚
くまるで牛乳瓶の底のような眼鏡で非常に恥をかいた
ことがありました。

 

私が学生だったころなのですが、合コンのお誘いが
あったときのお話です。居酒屋に行って男女3対3で
合コンをしたのですが、会場に行ったとき、私のとても
好みのタイプの男性が一人いたのです。

 

私は、心がワクワクしてこの人こそ理想の彼氏といえる
人だと思い、ヤル気で一杯でした。なんとかしてお近づき
になりたいと思って、必死で声を掛けてみたのです。

 

しかし彼の私に対する反応はイマイチでした。そして他
の女の子とばかり仲良くお喋りをしているのでした。

 

私はとくに彼に嫌われるような行動をとった覚えもありま
せんし、何か気に触るような発言をした覚えもありません
でした。

 

何度も自分の発言や行動を振り返ってみても自分に非が
あるとは思えませんでした。どうして彼の反応がイマイチ
なのかわからないまま合コンが終了してしまいました。

 

そして帰り際にトイレに行ったときのことでした。隣の
男子トイレで男性陣の会話が聞こえてきました。すると
「あの牛乳瓶の底のような眼鏡をしている女はマジ終わって
いるよね」という声でした。

 

その牛乳瓶の底のような眼鏡をしている女というのは私
のことだったのです。女性陣には眼鏡をしているのは
私一人であったので、まちがいなく自分の事を言われている
ということに気づきました。

 

私はあまりにもショックを受けてその場でおお泣きして
しまいました。その日は家に帰って一人で落ち込んでいて
一睡もできませんでした。

 

このみっともない眼鏡から解放されることさえできれば
こんな酷い目に遭わなくて済んだのにと思うと、何とか
してリベンジしなければならないという思いで一杯に
なりました。

 

それから何とかして眼鏡から解放されるように視力が落ちる
原因について調べ、なんとかして視力を回復させる方法は
ないかと調べてみました。

 

すると、視力が落ちるという原因として生活環境がある
という事実が判明しました。最近は朝から晩までスマホを
見るという生活が続いているので電磁波の影響が非常に
人体に良くないということもわかりました。

 

さらに眼鏡に頼ると、どんどん視力が落ちるという要因
になることも判明しました。

 

だからこそまずは生活環境をしっかりと見直すということ
を重視するようになりました。

 

これがきっかけで眼鏡から解放される希望がもてるように
なりました。